地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2012年11月15日

高校生課外授業を行った

DSC_8467.JPGDSC_8469.JPG熊本県立芦北高校には林務科がある。1学年20人程度だ。親の職業が林業かと聞いたらゼロだった。おじいちゃん・おばあちゃんが林業かと聞いたら1/3が手を挙げた。彼らは林業関係に職することを望んでいる。現在国産材の自給率が2割なので10割にすれば、仕事量は単純に5倍に増え一手不足となる職業である。白蟻が日本国中に存在するのに、どうしてみんな白蟻の餌みたいな外材で家を建てるのか不思議である。林業関係者は白蟻対策だけでも外材に勝てるのに、消費者にはアピールせず補助金を要求し続ける。林業者が川下というのは建築者ではなく木材工場のことである。中間業種から価格を叩かれるのは当然である。もっと真の川下にアピールすべきである。林業には一度補助金を中止し方がよいのではないだろうか。そしたら消費税も上げなくて良いかもしれない。
posted by furukawa at 19:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

灼熱セミナーを開催します

特大1.jpg
1年の中で、一番暑い日の暑い時間にセミナーを開催します。
気温の高い低いだけで、喜んだり悲しんだりしていますが、家のつくり様でかなりの差があります。エアコンに頼らない納涼方法を実体験してもらいます。暑熱地域(X地域)水俣のエコハウス内で開催します。
日:24年8月5日  13時30分〜15時
参加費:200円
予約が必要です。(のこり僅か)

先週の案内会には多数参加をいただきありがとうございました。気温34度、室温32度、床・壁・天井の表面温度32度、庭の表面温度32度〜35度、気流1m/sの状況で快適でした。
南国熊本でエアコン無しの生活は可能ですから、熊本より北方の方はエアコン無の生活をすべきではないでしょうか。

DSC_9355.jpg

posted by furukawa at 11:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

「窓を開けよう」内覧会

DSC_9194.JPGDSC_9152.JPG大DSC_9160.JPG大DSC_9210.JPG熊本の南に不知火海がある。同じ海を八代から見ると八代海と呼ぶ。竹島問題に似ている。その不知火海(八代海)は入江になっていて海風は松橋町に集中する。
風の町である。窓を開けよう。エコポイントで高効率エアコンを各室に付けるより自然の力を利用しよう。
最近の家は窓が小さくなった。エコポイントのせいだろう。窓を開けない。
南国熊本でエアコン無しの生活をしているのだから、熊本より北方の人はエアコンの使用を控えてほしい。そして、原発反対を言ってほしい。
7月28日(土)29日(日)11時〜16時
場所:宇城市松橋町町松橋です。メールをくだされば地図を個別に送ります。
posted by furukawa at 13:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。