地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2010年11月23日

住宅内覧会の案内

Mさんのご厚意により11月27日・28日住宅の内覧会をする。
見学希望の方はHPから進入してメールを下さい。
家は快適な方が良いに決まっている。しかし、良すぎると、折角の人間の環境適応能力が低下する。1枚厚着して寒くない程度の家が良い。日向ぼっこを気持ちが良いと感じる程度が良い。冬期に設計すると夏を忘れがちである。冬だけを考えると断熱・気密の機能を上げるのは良いことだが、夏はその機能が悪さをする。布団は夏布団、冬布団と入れ替えられるが、家の場合はそう簡単にはならない。
冬の寒さ対策は、行き過ぎない断熱・気密を体感し、ほどほどの断熱・気密で留めておくことが大事だ。次世代省エネ基準は熊本には過剰ではないだろうか。
外観.jpg大内観.jpg内観.jpg内部1.jpg
posted by furukawa at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。