地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2008年07月06日

レストラン品川

6年前設計したレストランに久しぶりによった。品川さんは、農業を辞めるのではなく活路を見出そうと、早々と自分の家で取れた野菜を主にしたレストランを畑に開いた。両親が農作業、息子夫婦がレストラン。


当時、お父さんはブルトーザーが運転できたので、自分で、石を動かし樹を植えてもらった。広葉樹は素人が植えても、枝や葉が生え変わるので上手下手の差は出ない。6年も経つとプロの庭師さんが施工したみたいになっていた。


人里離れた場所に建っているが、そのことが逆に認知度をあげている。


品川さんは自然の力強さを感じ、自然からもパワーを貰っていると言った。
今、あまりに農を粗末にしたので、しっぺがえしを受けているとも言っていた。


樹が繁って建物は道路からほとんど見えない。6年前に私が書いた看板がまだあった。
前の畑の土を壁に塗ったので面前建材、畑の食材で料理を作るので面前食材料理品川とした。



posted by furukawa at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。