地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2008年06月05日

鍼灸院完成

運動施設付き鍼灸院
有馬さんは現在、熊本市内で鍼灸院を開業している。鍼灸治療をして一時的に直ってもすぐ再発する。予防の運動が大切との持論。運動しなさいと言っても患者は運動しない。そこで自費を投じ運動の施設を作ってしまった。


グループホームなどの医療施設と違い、行政からの補助金は全く無し。健康保険も効かない。客は老人が多く。お金は僅かしか払えない。医療施設を自費で建てる人はほとんどいない。なぜかといえば、損益を考えたら経営は成立しない。


有馬氏は建物を自分の墓場と思い、貯財を投げ打ち、不足分にローンを組み、開設するのだ。ほんとうに頭が下がる。


老人が和むようにと古材を使い、敷地にあった大きな庭石を使い、とんぼが来るようにと池を作った。彼は社会貢献とは言わない。自分の生き方だそうだ。


東京の森ビルの社長に聞かせたい。東京の六本木ヒルズの緑は集客のためで、緑地にかけた施設費は集客費で取り戻すそうだ。緑地も経済活動の一部なのだろう。


posted by furukawa at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。