地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2011年07月24日

灼熱セミナーを開催しました。

4組の参加がありました。昨日の予報では34℃とのことでしたが、本日の最高気温は32℃でした。
室内気温は31℃。土壁の表面温度は、最初は27℃で段々気温の影響を受け29℃まで上がりました。
体感温度は気温と壁温度の平均になります。また風が風速1Mはありましたので体感温度は29℃ぐらいだったでしょう。
玄関土間の表面温度は26℃〜28℃(土間の気温は30℃)。結構、土間タタキは納涼感に大きく貢献しています。水を撒きましたが更に温度が下がることはありませんでした。
デッキの軒先からの位置の表面温度を測ると、54℃、34℃、32℃、31℃でした。深い軒の効果をみてもらいました。輻射熱面から離れることは大事です。
壁の温度(28℃)、風の流れ(風速1m)、輻射熱面から離れる(1M)、北窓を開ける(気温31度)、南の緑の表面温度は31℃と気温だけではない、体感温度を利用することで、エアコンに頼らずとも、夏を乗り切る工夫は、昔から日本の家に存在することを理解してもらいました。
DSC_1134.jpgDSC_1136.jpgDSC_1122.jpgDSC_1120.jpg
posted by furukawa at 20:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

餅投げ

餅をひらうときは皆さん笑顔になる。投げられた餅を空中でキャッチするのはわずかな量で、ほとんどが下に落ちる。最初から下を見て、落ちた餅を拾う方が多く拾えるとの常連たちの意見。
取れないで泣きべそをかく子。折角拾ったのにオバサンに横取りされた子。時間の遅れた子。かれらのために少し用意しておいて、帰り際に渡すと笑顔に変わる。
DSC_7718.jpgDSC_7713.jpg
posted by furukawa at 18:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

灼熱セミナーを開催します

灼熱セミナーを開催します。
南国に夏の到来です。X地域でもエアコン無しの家づくりは可能だという体験実証です。人が多いと暑苦しいので5組までとします。
月日:7月24日(日)13時30分〜15時 
涼しい場合:雨天又は涼しい場合は8月14日に延期します。
場所:水俣エコハウス
費用:一組200円
定員:5組まで(残り2組みです)
申し込み法:水俣エコハウス又は古川設計室まで(sumai-hurukawa@basil.ocn.ne.jp)
目的
水俣エコハウスにはいろんな計測器を埋め込んでいます。機器を見ながら伝統的工法の家の特徴と性能を説明します。
1・熊本でもエアコン無しの家がつくれるのだろうかという疑問。
2・家の中に温度・湿度計を埋め込んでいます。温度と湿度と風通しの関係が良く分かります。
3・床下からの風の取り入れ・風の出口を検証します。
4・雨の日は窓を開けるべきか閉めるべきだろうかという疑問。
5・土間タタキの効能を検証します。
6・瓦屋根の効能を計測器で見ます。3.jpg2.jpg1.jpg
熱中症対策でエアコンの設定最低温度を28度にしましょうと健康関係者。
節電のためエアコンの設定最高温度を28度にしましょうと政府。
確かにメモリーを28度にすればよいのですが。ぴったり28度に固定されるわけがありません。

posted by furukawa at 19:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。