地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2010年06月30日

土壁談話

最近はエコの大合唱でエコパチンコまで出現した。画面がLEDだからなのだろうか。一度実証に行かねばなるまい。エコ熱は急上昇している。熱しやすいものは冷めやすい。
熱しにくいものは冷めにくい。それが土壁だ。薪ストーブもそうだろう。冷めにくいのは断熱性能があるだろうと思えば断熱性能は全く無い。断熱性能は材料の軽さに比例すると思って良い。違う場合もあるが。蓄熱性能は材料の重さに比例すると思って良い。違う場合もあるが。断熱性能と蓄熱性能の両方を持ち合わせているのは軽くて重い材料となり地球上には無い。断熱性能の評価である空気の温度の高い低いだけに関心が行き、床壁天井の表面温度に目が行かないのは、日本がパネルヒーターより空気冷暖房装置が主流だからだろうか。全館冷暖房しないと老人はヒートショックで死ぬという脅しで、高気密高断熱の家は南の果てまで普及しつつある。空気制御より、床壁天井の表面温度で制御する方が気持ち良い。空気で行うと上方の頭が熱くて下方の足が寒い。コウモリみたいに逆さに暮らしている人だったら空気冷暖房でも快適かもしれない。それに夏は空気が動いて、冬期空気は動かないが良い。蓄熱性能で制御すると、夏は窓を開けて空気を動かし、冬は窓を閉めて空気を止めることができる。空気を止めれば息苦しいのか。気密性能が土壁にどれくらいあるかの試験をしてみた。スカスカで測定不可能だった。原因は土壁ではなく床板の本実のせいだった。24時間換気扇を設置しなくても充分どころか倍の換気回数が得られた。断熱学者さまからは批判され、シックハウス関係者からは称賛される家だ。
DSC_4691.jpg
posted by furukawa at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

斜面の建物

敷地は30度の斜面である。二階が玄関と居間で階下が寝室となっている。浴室は離れの配置となったのは老木である桜の木を回避させたためである。施主は建築士であり大工工事を蓑原元に依頼し、工事の段取りを行っている。私は設計を代理で行い本人である施主が監理を行う。建築確認が珍しい。同じ名前がずらりと並ぶ。DSC_5637.JPGDSC_5635.JPGDSC_5736.JPGDSC_5735.JPG
posted by furukawa at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。