地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2009年12月25日

根子岳を望む家

阿蘇の五岳のひとつ根子岳を望む家が完成しました。
阿蘇は熊本市内より気温が5度ほど低く、夏は快適でエアコン不要の地域です。しかし、冬はとっても寒いのです。家の断熱性能を決める地域の区分というのがあり、日本全国を6つに分けてあります。良く見ると富山も熊本もW地域、阿蘇も熊本市内もW地域です。日本全土の半分がW地域なのです。
昨年、石油が高騰し薪ストーブが普及しました。薪の調達や薪ストーブの手入れや部品交換は作業が伴います。燃費が安いからという理由だけで購入するのは間違いです。薪ストーブの熱で暖かくなるのではなく、作業運動で暖たまると言われています。
基礎はフラットスラブを打ち、床下は完全開放にしています。

4.jpg3.jpg2.jpg1.jpg
posted by furukawa at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。