地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2009年07月13日

住宅が完成し引き渡しました。

台風直撃地に建った家です。土壁の真壁は台風被害を受けやすいので、土壁の上に下地板を打ってモルタルをかけます。
田んぼのど真ん中でもうすぐ田植えが始まります。
冬は薪ストーブで暖を取り、夏は風通しで涼を取り、最高の省エネ住宅なのだが、国の省エネ基準の最低基準にも満たないという馬鹿な話。内装に気密シートを貼れ?サッシュは気密性能の2重ガラス?浴室はユニットバス?ハウスメーカーの基準を押し付ける霞が関の住人の脳味噌は化学物質でおかしくなっているとしか思えません。
012.JPG100.jpg200.jpg302.jpg300.jpg300.jpg
posted by furukawa at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

完成建物引き渡し

N邸の建物が完成し、引き渡しました。床下はスッポンポンです。熊本では白蟻が多いので、薬剤散布による防蟻工事を行えば、5年毎に薬剤散布を繰り返さなければなりません。風邪もひいていないのに、毎日風邪薬を飲むようなものです。薬剤に頼らず、床下の風通しが良ければ白蟻は地中から上がって来にくいものです。床下の点検は子供の役割には最適。
2階の窓手摺のデザインは伊勢総会の時、泊まった宿の前の建物の窓手摺をパクリました。
記念写真を1枚。
11月熊本総会が熊本で行われますが、Nさんは住み心地が良ければその時家を見せてくれるそうです。
4.jpg3.jpg2.jpg1.jpg
posted by furukawa at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。