地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2009年01月24日

山行き

大体の間取りが決まれば構造材を山にオーダーする。
設計に合わせて玉切りする。杉の木は20〜30Mの長さなので
自由に寸法指定が出来る。特注なんて無い。



皆伐して又植林するより、適当に間引き伐採する方が良い。


間に広葉樹が自然に生えてきて下草も芽を出す。
明るい森林が出来る。



環境問題解決といって、空き缶拾いをするよりもペットボトルをリサイクルに出すよりも
家を建てるとき、日本の山の木を使うことの方が数万倍も問題解決になる。
伐採木の年輪を数える親子の住まいは来年の秋ごろ、木が家に変わる。



posted by furukawa at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。