地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2009年01月24日

山行き

大体の間取りが決まれば構造材を山にオーダーする。
設計に合わせて玉切りする。杉の木は20〜30Mの長さなので
自由に寸法指定が出来る。特注なんて無い。



皆伐して又植林するより、適当に間引き伐採する方が良い。


間に広葉樹が自然に生えてきて下草も芽を出す。
明るい森林が出来る。



環境問題解決といって、空き缶拾いをするよりもペットボトルをリサイクルに出すよりも
家を建てるとき、日本の山の木を使うことの方が数万倍も問題解決になる。
伐採木の年輪を数える親子の住まいは来年の秋ごろ、木が家に変わる。



posted by furukawa at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

熊本の小さな手造り味噌屋さん

熊本の中心市街地に(親愛女学園前)小さな味噌屋さんを3年前に設計した。


昔ながらの蒸篭蒸し器と石臼で完全手造りの味噌をつくっている。低温保存で発酵させた味噌は深みがある。麹の香りがする若味噌が好みの人もいるが、私は古味噌の方は好き。


食品偽装が多い世の中、店の小窓から中を覗けば、坂根さんというおばさんが味噌作りしている風景を見ることができる。作業場やストック場を見て、話しをしながら、量り売りするのに偽りは全くない。大手ほど偽装が多い世の中。


惣菜も片手間につくっている。メニューはブログで紹介し、ファンも結構多い。
http://misozukuri.exblog.jp/(手造り味噌 ことぶき 熊本で検索)



熊本の人は一度訪ねてみては。


posted by furukawa at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。