地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2008年11月14日

竹小舞

建築基準法が改正され、まともに伝統構法の家が作れなくなった。平屋の場合は壁倍率1.5でもなんとか足りるので伝統的構法の家は作れる。


立ち上がり基礎も出来るだけ少なくして、床下を開放させたい。
検査を簡単に済ませたいための法改正が、良い住宅を建てたい意向を阻害する。
土壁を見たことも触ったことも無いペーパー上頭の良い人が、机上で考え権力を持ち、実状とかけ離れは政策を打ち出す。
仕事をしないでくれたほうがましと思う。



土壁の家は竹子舞の状態が美しい。
今から土壁塗りがはじまる。


posted by furukawa at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。