地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2008年09月18日

熊本で、限界耐力計算確認受付開始。

昨年6月の建築基準法改正で伝統木造住宅が建てにくくなっていましたが、10月1日から熊本県内でも限界耐力計算した木造住宅の建築確認が受付できるようになりました。審査費用が高いので普及にはまだまだです。


耐震偽装防止のために過剰な規制が官製不況を招き、3兆円近くのGNP押し下げと日本総合研究所が発表しました。直接マイナスが3兆円だと関連経済を含めると2倍とも3倍とも言われています。景気対策に税金を使わなくとも、基準法改正を是正すれば良いではないでしょうか。前冬芝国土交通大臣は「建築基準法改正により建築着工数が落ちた」ことは認めたものの、対策は、売り上げ減の工事会社への融資でした。
税金による対処療法でした。



今年11月に、建築士法の改正が行われます。設備設計一級建築士という制度を新たにつくりました。ある規模以上の建築の設備設計は設備設計一級建築士でないと建築確認を受け付けないという内容です。その制度の試験合格者の発表がありました。全国規模では1600名の合格者でしたが、熊本県では5名しか合格していません。大分はゼロです。官製不況第2弾がまもなくやってきます。
次に第3弾も待ち受けています。
国に絶対責任が行かない複雑な仕組みづくりに翻弄されつづける建築業界が、自民党政権を擁立するのが理解できません。


posted by furukawa at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。