地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2007年12月17日

住宅完成

川面の見える家が完成しました。
嘉島町という田舎。六本木ヒルズの住人より贅沢な住まいと思う。
どうして皆東京に集中するのだろうか。飛行機から下を見れば、住む場所はたくさんある。
もうちょっと散らばって住めばよいのに。



東京はもうすぐインフラのパンク。又、ゴミの山で埋まってしまうだろう。その時、やっと田舎の良さが分るだろう。


お金では買えないのもが田舎にはある。


南国はシロアリが多いので、床下はスッポンポン。シロアリは地中にいても風が起これば上には上がらない。躾した犬と同じ。南国では防蟻工事無し。基礎断熱した北国の家は防蟻工事有り。変な話。


posted by furukawa at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

足固め実験2

強度の面では杉は低いランクに位置します。
しかし、ねばり、加工のし易さ、防蟻性、湿度の高い場所に育つ等、総合的に考えれば高いランクの材料です。強度の低さは大きく使えばよいこと。
杉材で足固めの実験を行いました。



いろいろ組み方をかえ、どれが強いかというより、家が壊れるとき、ぺシャンコになり難いのはどの仕口
かという実験です。



仕口を4種類。足固めを3種類行いました。


総合評価は2月末県立大学の北原教授が一般公開で行います。


posted by furukawa at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

足固め実験

足固めの材を6寸、7寸、8寸と大きくして効果があるかの実験をします。
又、仕口の種類により差があるかの実験もします。





製作には木の家ネットの梅田大工も加わっています。
仕口の実験は、3日・4日です。フレーム公開実験は12月12日14時からです。
場所は熊本県立大学木造実験棟(北原教室)見学自由です。



posted by furukawa at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。