地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2007年04月13日

我輩はシロアリである。

暖かくなり、活動を始めました。山の人たちには、木の切り株等、最後まで食べ尽くすので歓迎されますが、どうも建築関係者には嫌われます。
 最近はホワイトウッドなど、私の大好物で、家を作ってくれるので感謝しています。しかし、最近船代の値上げ等で、少し少なくなっていますね。次の好物は松です。 昔の建築の梁等は松でしたが、松までたどり着くまで、障害が多く、雨漏れが無い限り松材までは行けませんでした。最近は大壁や断熱材で、建築屋さんが行き易くしてくれますので助かります。


松材を、私が食べた跡を見て下さい。
 松は、砂地や岩場に植わっているので、私の怖さを知らず、私が嫌いな赤みの芯材が小さいのです。



次に杉材を見て下さい。
 杉材は、私の生息域と同じなので、防御のため赤身が多いのです、特に九州は黒ジンが多く、ちょっと食べ難いです。だが、杉だから全部を食べないと思わないで下さい。人間の子供たちが、卵焼きとご飯があったとき、卵焼きを先に食べるだけの話です。
後で、ご飯を食べます。
4〜6月に活発になります。皆さん、ホワイトウッドや米松の中でお会いしましょう。




posted by furukawa at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。