地元の山の木で、熊本でもエアコンのいらない家づくり

2006年12月08日

近況報告12月

12月1日ライテングパーティ出展
建築家協会熊本で、毎年各自手造りの照明器具を持ち寄り、酒を飲むイベントを行っています。私は、大仕掛けを造り出展しました。製作より、後片付けの方が大変でした。家づくりも同じです。解体処分のことを考えましょう。


12月3日山見学ツアー
恒成さんと中島さんを山に案内しました。最川上の山の人と最川下の住まい手との面談式でもあります。
「山から空が見えるようにしよう」との合言葉。環境問題に関わることは難しいことではありません。家を建てるとき、日本の山の木を使うだけでよいのです。簡単なことです。
皆伐や列状間伐ではありません。設計に合わせた成り行き間引き伐採です。


12月8日足固め・向貫構法の家
ただいま組み立て中。込み栓・足固め・貫で横応力を負担します。筋交いや火打ちはありません。産直木材なので、設計に合わせた部材寸法です。垂木も6Mです。


12月16日・17日(予定)住宅内覧会
英には英の家があります。伊には伊の家があります。日本には日本の家がありません。熊本は木材の産地です。その産地が外国から木材を輸入して家を建てるとは何事でしょう。
熊本の山の木を使い、熊本の風土に合った家づくりをしましょう。


熊本市出水5丁目のお宅の内覧会です。自由参加。場所を知りたい方はメールを下さい。


posted by furukawa at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。